永住・海外ロングステイ

WHAT'S LONG STAY永住・海外ロングステイとは?

スローライフ!ゆったり楽しく、青い空!憧れの人生設計

海外留学やインターンシップなどのような一時的な海外滞在を目的とした留学形態ではなく、海外で永住や長期就労などを目的とした留学形態が永住・海外ロングステイです。
当社のサイトをご覧頂いているような方であれば、一度は憧れたことがあるのではないかと思いますが、永住や海外就労は、残念ながら簡単にできるものではありません。 ただ、「簡単にできるものではない」と100%諦めなければならないかというとそこまでではありません。道のりは時に長く険しいですが、目指さなければ何も始まりません。
ここでは、そんな海外永住、海外ロングステイのご希望を持たれている方向けに、出来る限りの情報ご提供をしたいと思っております。

永住・海外ロングステイ-種類と方法

海外永住

永住やロングステイを行う上で、最も重要なポイントとなってくるのが、「ビザ(査証)」の問題です。日本人は短期の海外旅行やビジネスに際しては多くの国でビザが免除となっているので、馴染みのない方も多いと思うが、特定の国に行く場合では、短期の滞在でもビザが必要となる場合があります。一般的に90日を越えて海外に滞在したい場合は、目的に応じたビザを申請しなければなりません。留学でと行く場合は、「学生ビザ」、仕事で行く場合は、「就労ビザ」などと一般的に呼ばれます。
永住やロングステイを行う上で、ビザの取得というのが非常に重要な要素となってまいります。

種類と方法

アメリカでの永住・ロングステイ

■永住権の取得・・・・・抽選(確率は非常に悪い)、雇用による永住権の申請
■就労ビザ・・・・学歴、職歴、年齢、雇用先により短期就労ビザ(H)、貿易駐在員・投資駐在員ビザ(E)、企業内転勤者ビザ(L)、アーティスト・アスリートビザ(O)、などの各種就労ビザが存在する。

カナダでの永住・ロングステイ

■永住権の取得・・・・ポイントによる永住権の申請(学歴、年齢、英語力、雇用先の確保)
■就労ビザ・・・・熟練技能者ビザ、投資家ビザ、起業家ビザ、自営業者ビザ、ワークパーミットなどの各種就労ビザが存在する。

オーストラリアでの永住・ロングステイ

■永住権の取得・・・・ポイントによる永住権の申請(学歴、年齢、英語力、雇用先の確保)
■就労ビザ・・・・退職者ビザ、早期退職者・リタイアビザ、投資家ビザ、起業家ビザなどが存在する。

永住・海外ロングステイ-アメリカ

アメリカ

アメリカのインターンシップ(又はアメリカの専門学校、短大、大学卒業後のOPT)の制度を利用したプログラム。超えなければならないハードルはいくつもありますが、4年制大学卒業とある程度の職歴があれば、十分チャレンジが可能です。万一、途中で挫折してしまった場合も金銭的なリスクも少なく、最低限アメリカでの就労経験(1年半)と高い英語力を自分のものとすることができるので、リスクはそれほどないと言っていいでしょう。
方法としては、まずインターンシップで18ヶ月間のインターンシップ(研修)を行って頂きます。その間に企業に必要な人材と認められれば、そのまま企業から就労ビザのオファーが頂けますので、就労ビザの申請を行います。一般的にはH1ビザと呼ばれるビザを申請します。有効期限は3年間で、次の更新でも3年間の合計6年間は最低でも継続が可能です。この間に、企業から永住権のスポンサーになってもらうことができれば晴れて永住権(グリーンカード)の取得となります。

アメリカ 有給インターンシップからの永住を目指す

海外永住
方法
インターンシップ→就労→永住権へ
応募資格
学歴は4年制大学・職歴1年以上・英語力は問わないが日常会話程度が良い
※4年制大学卒でない場合は、職歴と年齢により診断可能。
確実性
50%~70%
コスト
低い(総予算200万円程度~) ※インターンシップ費、滞在費、ビザ申請費

プラン詳細を見る 資料請求はこちら

永住・海外ロングステイ-カナダ

カナダ

カナダのカレッジにまずは入学します。カレッジの入学基準は、①高校卒業資格と②TOEFL500点程度の英語力の2点です。英語力が足りない方は、事前に英語研修をプラスしてお申込頂く事も可能です。カレッジでの勉強分野はご自由にお選び頂く事が可能ですので、興味のある分野をお選び下さい。但し、その後の就職に結びつきやすい分野をお選びいただくことをお勧め致します。
カレッジ卒業後、カナダではオープンワークパーミットと呼ばれる3年間の就労許可を取得することができます。この許可を利用して、カナダで就職活動を行います。カナダでの就業経験、雇用先の確保、学歴、英語力があればカナダでの永住権申請の要件をほぼ満たすことになるので、永住権まで結びつけることができます。
コスト面、確実性の面で最も現実的なプランではないかと思います。日本での職歴は2年以上が好ましいと記載していますが、これはカナダでの就職活動のためにあった方が望ましいということです。職歴がなくても可能性はございます。

カナダ カレッジ留学からの永住を目指す

海外永住
方法
カレッジ留学→就労ビザ→永住
応募資格
学歴は高校卒・できれば職歴2年以上が好ましい・カレッジに入学できる英語
※英語力が足りない方は、カレッジ入学前に語学研修をプラスする事ができます。
確実性
80%~95%
コスト
普通(総予算500万円程度~) ※学費、滞在費、ビザ申請費

プラン詳細を見る 資料請求はこちら

永住・海外ロングステイ-オーストラリア

オーストラリア

カナダのプログラム同様、カレッジを卒業し、永住権まで結びつけるプログラムです。
カナダとほとんど同じプログラムですが、オーストラリアの違う点は特定の分野に限って、ポイントが非常に高く永住権の申請に結びつくという点です。カナダでは自由に学習分野を選択できましたが、オーストラリアでは特定分野で学ぶ必要がございます。
[分野例]
調理師、パティシエ、美容師、看護士、通訳・翻訳、自動車整備士、会計士、エンジニア、歯科技工士などなど。
2年間もの長き学習に興味のある分野であればいいのですが、そうでない場合、かなりの苦痛を伴うことでしょう。また特定職業の種類は、オーストラリア政府の改定により変更になることがしばしばあります。例えば、調理師のコースで一生懸命勉強をしていても途中で特定職業のリストから外れてしまう可能性があります。この場合、調理師コースの卒業で獲得できるポイントが減少しますので、永住権申請のポイントが足りなくなってしまう場合があります。この点、注意が必要です。

オーストラリア カレッジ留学からの永住を目指す

海外永住
方法
カレッジ留学→永住
応募資格
学歴は高校卒・できれば職歴2年以上が好ましい・カレッジに入学できる英語
※英語力が足りない方は、カレッジ入学前に語学研修をプラスする事ができます。
確実性
70%~95%
コスト
普通(総予算500万円程度~) ※学費、滞在費、ビザ申請費

プラン詳細を見る 資料請求はこちら