ワーキングホリデー

WHAT'S WORKING HOLIDAYワーキングホリデーとは?

長期滞在可能、仕事と娯楽!低予算!ネイティブに学ぶ!

ワーキングホリデー(ワーホリ)とは、ワーキングホリデービザと呼ばれる特別な渡航許可書を取得して海外へ渡航することで、海外でいくつかのルールを守っていれば、特に何をしなければならないという制限なく、一般的に最長1年間(国により最長2年間)の海外生活を送ることができます。
ワーキングホリデー期間中は、「フルタイム」で就労できるのも特徴で、働くことで生活費を補いながら海外生活ができるので、少ない予算で海外長期滞在が可能となります。勉強、仕事、観光、娯楽など全ての希望を満たすことができるのがワーキングホリデーのメリットです。
但し、ワーキングホリデー制度はどの国にもあるわけではなく、それぞれの国で年齢制限や参加基準が設けられているので、まずはどの国のワーキングホリデーが希望に適しているかしっかり検討しよう。

ワーキングホリデー-対象国と制度

ワーキングホリデー制度のある国のご紹介です。各国の制度は2010年5月現在の情報です。
情報は変更される場合がありますので必ず各国大使館にて最新情報をご確認下さい。

ワーキングホリデー対象国

国名
期間
年齢制限
学校期間
就労期間
カナダ
1年間
18歳~30歳
6ヶ月以内
制限なし
オーストラリア
2年間
18歳~30歳
4ヶ月以内
同一雇用主で
6ヶ月まで
ニュージーランド
1年間
18歳~30歳
3ヶ月以内
同一雇用主で
3ヶ月まで
イギリス
2年間
18歳~30歳
制限なし
制限なし
アイルランド
1年間
18歳~25歳
※条件により30歳
制限なし
制限なし
※週39時間以内
フランス
1年間
18歳~30歳
制限なし
制限なし
ドイツ
1年間
18歳~30歳
制限なし
合計90日まで
デンマーク
1年間
18歳~30歳
6ヶ月以内
※但し同一学校に
3ヶ月以内
6ヶ月以内
※但し同一雇用主に
3ヶ月まで
シンガポール
6ヶ月
17歳~30歳
※但し指定大学
在籍中又は卒業の
必要あり
制限なし
制限なし
韓国
1年間
18歳~30歳
制限なし
制限なし
台湾
1年間
18歳~30歳
3ヶ月以内
同一雇用主で
3ヶ月まで

ワーキングホリデーの制度

ワーキングホリデー

[ワーキングホリデーとは]
休暇を主な目的として海外での生活をし、仕事をすることで滞在資金を補いながら最長1年間の海外生活を体験できる制度がワーキングホリデー制度です。ワーキングホリデー中は、「何をしなければならい」という決まりは特にないので、勉強目的もよし、仕事目的もよし、ただ観光したり、遊んだりする目的でもOKです。何でもできるのがワーキングホリデーのいいところ。過ごし方次第では、留学より充実の体験ができるかも・・・
ワーキングホリデーは滞在中にいくつかのルールを守っていれば、何をしなければならないという決まりは特にありません。勉強、遊び、仕事、観光・・・など何でもすることが出来ます。滞在中のルールについては、国により制度が違います。
ワーキングホリデーで海外へ渡航するには、ワーキングホリデービザという渡航許可書の取得が必要。取得の方法は国により違います。共通のルールとしては、ワーキングホリデービザは1ヶ国につき一生に1度しか取得できず、年齢制限があるという点。
まず、あなたにとってどの国のワーキングホリデーが適しているか考えよう。

ワーキングホリデービザについて

ワーキングホリデーの参加基準とビザ取得方法は国により異なります。当センターでは、お客様のビザ申請を責任を持って取得代行しておりますが、基礎知識として把握したい方は、各国大使館のページをご参照下さい。

ワーキングホリデーの準備

ワーキングホリデー

ワーキングホリデービザが取得できれば、渡航に向けての準備を行います。ビザさえあればいつでも航空券を購入し、渡航すればOKですが、それでは現地に到着してから困ることになります。現地に友達や親戚がいる!という場合を除き、様々な準備が必要となります。現地に友達や親戚がいる場合でも、航空券、保険、お金の準備など最低限の準備は必ず必要です。個人のレベルに合わせて必要な準備をしましょう。

 

[出発前に考えなければならない準備事項]
○ワーキングホリデービザ申請
○学校の手配
○滞在先の確保
○空港出迎えの手配
○格安航空券
○海外保険手配
○お金の準備
○持ち物・荷物
○銀行口座
○フォーンカードやクレジットカード
○お役所手続
○その他

ワーキングホリデー-サポートプラン

ワーキングホリデーサポートプラン一覧です。当センターでは、ご希望に応じて3つのプランをご用意致しております。お気軽にご相談資料請求下さい。また無料カウンセリングも随時行っております。

WHサポート ベーシックプラン

ワーキングホリデー WHサポート ベーシックプラン

海外経験が豊富で、渡航先の言語にもある程度慣れ親しんでいる方、又は渡航先に知り合いがいて当面のお世話をお願いできる場合などは、こちらのプランがお勧め。
※ニュージーランド、ドイツは12,960円

プラン詳細を見る 資料請求はこちら

WHサポート スタンダードプラン

ワーキングホリデー WHサポート スタンダードプラン

ベーシックプランに加えて、現地語学学校・滞在先(ホームステイや寮など)を準備していくプランです。就学期間中はホームステイや寮に滞在するこが可能ですので、当面の住居は確保できます。

プラン詳細を見る 資料請求はこちら

WHサポート フルサポートプラン

ワーキングホリデー WHサポート フルサポートプラン
料金
92,600円~

ベーシックプランに加えて、現地語学学校・滞在先(ホームステイや寮など)を準備していくプランです。就学期間中はホームステイや寮に滞在するこが可能ですので、当面の住居は確保できます。せっかくのワーキングホリデーだから失敗したくない!!と感じるあなたは是非こちらのプランを。
※オーストラリア: 95,600円  ※ニュージーランド: 103,600円

プラン詳細を見る 資料請求はこちら

カナダWHサポート フルサポート無料プラン

ワーキングホリデー WHサポート フルサポート無料プラン
料金
21,600円
行き先

ワーキングホリデーの現地フルサポートですが、カナダは2007年より現地でのフルサポート費用を無料とさせて頂いております。つまりスタンダードサポートの21,600円にてフルサポートにすることが可能です。
超お得な当センターのカナダワーキングホリデーをぜひご検討下さい。

プラン詳細を見る 資料請求はこちら

留学プログラム一覧

厳選ワーキングホリデープラン一覧です。下記にないプランでもご用意できますのでお気軽にご相談資料請求下さい。また無料カウンセリングも随時行っております。

英語環境で働き実践的な英語を身に付ける!有給ホテルインターンシップ

ワーキングホリデー ホテルインターンシップ 英語環境で働き実践的な英語を身に付ける!有給ホテルインターンシップ
料金
2,900ドル
行き先
カナダ バンフ、レイクルイーズなど

カナディアンに囲まれて【英語環境】で働く経験をされたいという方に最適のプログラムです。
都市部は移民の方や日本・韓国などのアジア人も多いので、なかなか英語オンリーの環境で働くことは難しいのですが、このホテルインターンは英語漬けの環境で経験を積むことを最大の目的にしています。

プラン詳細を見る 資料請求はこちら

オーストラリア(パートタイムオペア)

ワーキングホリデー オペア(オーペア)
料金
2,100ドル
行き先
ゴールドコースト・パース・シドニー・メルボルン、その他広域

週末は仕事はお休みですが、宿と食事は提供されます。オペアの仕事がお休みの時は家でリラックスした時間を過ごしても良いですし、勉強や旅行、または他の仕事を探すことも可能です。プログラム参加中は現地オフィスにて日本人スタッフが24時間体制でサポートします。

プラン詳細を見る 資料請求はこちら

オーストラリア(フルタイムオペア)

ワーキングホリデー オペア(オーペア)
料金
1,200ドル
行き先
ゴールドコースト・パース・シドニー・メルボルン、その他広域

週末は仕事はお休みですが、宿と食事は提供されます。報酬(週払い-週180ドル~240ドル、仕事内容により決定) が発生します。留学生(学校に通学しながら)の参加はできません。プログラム参加中は現地オフィスにて日本人スタッフが24時間体制でサポートします。

プラン詳細を見る 資料請求はこちら

医療現場に役立つスキルを短期集中で磨く!医療通訳インターンシップ

ワーキングホリデー 医療通訳インターンシップ
料金
288,000円
行き先
カナダ バンクーバー

せっかくだから何か専門分野を学びたい、将来医療通訳者を目指す方向けの入門プログラムです。3週間の医療英語授業と、5週間のインターンシップで構成されています。様々な医療に関する英語と知識を学び、帰国後すぐに役立つスキルを見つけることが出来ます。

プラン詳細を見る 資料請求はこちら

地元の子供と触れ合う!小・中・高校で日本語授業のアシスタント!

ワーキングホリデー 日本語教師アシスタント
料金
282,500円
行き先
カナダ バンクーバー

日本語、日本文化を教える日本語教師アシスタントとして、地元の小・中・高校で研修をするプログラムです。最短1ヶ月から最長1年までの活動が可能です。

プラン詳細を見る 資料請求はこちら

野生動物保護ボランティアプログラム

ワーキングホリデー 野生動物保護ボランティア
料金
37,800円 ※4週間以上の語学研修費は別途必要
行き先
オーストラリア サンシャインコースト

このプログラムは、Australia Zoo Wildlife Hospitalとの提携により、施設にて、ボランティアとして、この動物保護病院の活動の手伝いを通し、今起きている問題を知り、向き合い、取り組むことを目的としています。スタッフ、他のボランティアの手伝いを通じ、野生動物のケアを行い、野生動物が健康を取り戻し再び野生へ帰り、二度と施設に戻る必要がなくなることが大きな目的のひとつです。

プラン詳細を見る 資料請求はこちら

ニュージーランドオペア

ワーキングホリデー オペア(オーペア)
料金
316,500円
行き先
ニュージーランド オークランド

パートタイムオペア・フルタイムオペアの両プランがあります。
お持ちの英語力により、学校期間は調整可能です。

プラン詳細を見る 資料請求はこちら

アイルランドオペア

ワーキングホリデー オペア(オーペア)
料金
306,100円(為替により変動あり)
行き先
アイルランド ダブリン郊外(ブレイ)

パートタイムオペア(週20時間就労)のコースです。12週間英語コース(週16レッスン)含む。

プラン詳細を見る 資料請求はこちら

ワーキングホリデー-よくある質問

留学とワーキングホリデーはどう違うの?
留学は、学生として海外に滞在するため、滞在期間中は必ず学校に通っていなければならないという規定があります。学生ビザを持っていても、学校に通っていなければ滞在できません。逆にワーキングホリデーは、何をしなければならないというルールがないので、学校に通っていなくても滞在が出来ます。この点が、大きいでしょう。
出発までの準備にはどれくらいかかるの?
準備はビザの取得方法、学校やホームステイを手配するかなどにより変わりますが、基本的に2~4ヶ月を目安にして下さい。もちろん準備は早いに越したことはありませんので希望のプランが早く決まった方は、お早目の準備を心掛けましょう。
ワーキングホリデービザはどうやって取得するの?
各国で申請方法が異なるので、行きたい国のワーキングホリデービザの申請方法をチェックしましょう。当センターのサポートプラン(8,640円~)をお申込み頂く場合、ビザの取得を完全サポート致します。詳細は、ワーキングホリデーサポートプランをご参照ください。
住むところはどうするの?
語学学校に通うかどうかは全くの自由ですが、学校に通うことによりできる以下のメリットは見逃すことは出来ません。

メリット1. 学校に通いながら現地の生活に慣れていくことができる。
メリット2. 学校で様々な国からの留学生と友達になれる。(=情報収集ができる)
メリット3. 学校の先生やスタッフなど地元オーストラリア人とのつながりができる。
メリット4. その後の生活に必要な最低限の英語力を身につけることができる。
メリット5. 勉強方をしっかりマスターすることで、その後も勉強を継続することができる。

現地到着後、学校というコミュニティーに属することは非常に大きなメリットです。
最低でも2~4週間程度は通うことをお勧め致します。
仕事はどうやって探すの?
国により制度が異なります。主な国としてオーストラリアは4ヶ月、ニュージーランドは3ヶ月、カナダは6ヶ月まで通うことができます。
どんな仕事があるの?
現地に何のツテもない方は、やはり日本からホームステイや寮などの滞在拠点を手配していくことをお勧めします。もちろんホームステイにずっと滞在してもいいが、通常は、自分でアパートを探すことになるでしょう。
語学力がなくても仕事を探すことはできるの?
ワーキングホリデーに行く場合、仕事は用意されているものと思っている人もいますが、仕事は自分で見つけなればなりません。日本でアルバイトを探す時のように、通常履歴書を持ち、面接に行きます。求人広告、情報センターの掲示板、友達の紹介などが情報源となります。現地での仕事探しに不安のある方は、現地サポートオフィスでのサポートをご検討下さい。履歴書の書き方から、面接の方法など丁寧にアドバイス致します。
現地滞在中の生活費はアルバイトで稼げるの?
仕事は様々で、日本と同じような様々な選択肢があります。飲食関係、ショップ、観光関連、ホテルなどが主な仕事となりますが、ファームステイやベビーシッターなど海外特有の仕事もたくさんあるのでチェックしよう!
ワーキングホリデー中は必ず仕事をしなければならないの?
語学力がなくても仕事を見つけることはできます。但し、日本語を使う環境の仕事となるので、語学力を向上させるという目標を持っている方にはお勧めではありません。せっかく海外にいるので、なるべく語学力も向上させることができるような仕事を見つけましょう。そのためにも事前の英語研修は、十分な期間にてご検討ください。
ワーキングホリデー中は必ず仕事をしなければならないの?
基本的な生活を送るだけであれば、週5日、フルタイムで仕事をすれば生活費を稼ぐことはできまます。その国の物価などにも左右されるので、事前に要チェック。
ワーキングホリデー中は必ず仕事をしなければならないの?
仕事をしなくても生活できるだけの余裕のある人は、仕事をしなくても結構です。ワーキングホリデー中の滞在方法は全くの自由です。旅行をしたり、サーフィンをしたり、ただブラブラしたり・・・。何でもOKです。