国民健康保険は海外留学中、適用されません。日本国内に滞在していなければ対象にならないからです。

この場合はもし海外で治療を受けた場合には、全額自己負担と言う事になります。

さらに留学中に一時的に日本に帰国した際に治療を受けた場合も、同じように保険の適用はできないので全額負担となります。

 

こうした事を考え留学の際にも継続というかたちで支払いを続け、もしもの時に備えている人もいます。

留学から帰国後、国民健康保険に再加入するまでは適用されないので、帰国後はすぐに再加入するようにしましょう。

 

 

海外療養費の請求も帰国後に可能

留学前に転出届を提出し、国民健康保険を抜けた状態で海外で治療を受けた場合、保険が適用されないので全額負担となり、大きな出費となります。

しかし、帰国後に国民健康保険に再加入したあとで、治療費を払った翌日から2年以内であれば、日本の円の単位になりますが、多少の請求を行う事ができます。

ただし現地のお金の換算とはちがいますので、日本で治療を受けた場合のような金額になる事はありません。

 

さらに給付対象となる治療内容が決まっているので、それ以外の治療の場合には請求できません。
また、帰国後の請求を行うためには治療を受けた場所で書類を記入してもらわなければなりません。
診療内容・金額の明細を記入してもらい、これを元に払い戻しを行うのです。

継続してもしなくても帰国後は元通り

国民健康保険は支払っている期間に受けた治療費を負担してくれるという保険なので、単純に支払っていない期間はダメ、支払っている期間はOKということになります。

もし留学で一定期間やめてしまっても、帰国後の再加入で元の状態に戻ります。再加入すればすぐに対象者として保障してくれるのです。

 

しかし留学期間が短い場合、留学中に何度か帰国予定がある場合や、その際に何らかの治療を受けるかもしれないという場合には、留学中も国民健康保険を任意継続して支払いを続け、帰国中の治療費をサポートしてもらう人もいます。