サマースクールとは

サマースクールは語学学校などが6月から8月の時期に実施する、夏の短期語学学習プログラムの名前です。
世界と触れ合うことができる貴重な機会であるとともに、ほかの人と協力したり、時には一人で物事をこなす必要があるなど、自立や協調の面で子どもに良い影響を与えられるキッカケとなります。

サマースクールの対象となる子どもは小学生から高校生となっており、短い間ではありますが、消して忘れることのできない思い出ができるでしょう。
サマースクールの内容としては、寮や学校で語学の勉強をしたり、スポーツなどのアクティビティをすることもあります。

サマースクールの利点

サマースクールでは子どもが自分で様々なことを考えて行動をするため、子どもの自立を手助けしたり、ほかの子どもと協力して物事を進めるため、協調性を育むこともできます。
さらに、英語に対しての苦手意識を減らしたり、英語の得意な子どもに関しては将来的に海外で仕事をするきっかけになる可能性もあります。
また日本と海外の文化の違いを体験することでグローバルな視点を持つこともできるため、子どもの短期留学で得るものはたくさんあるのではないでしょうか。

サマースクールのタイプ

初めて子どもを海外へ行かせることが心配な方も多いでしょう。
そんな方のために、サマースクールに同行できるプランもあります。
小学生を対象としたプランとなりますが、現地の学校に留学するときに保護者として同伴することで子どもを近くで見守ることも可能です。

また、短期留学に日本人の添乗員が同行するプランもあるため、忙しくて同行することが難しいという方でも安心して留学を後押しすることができるでしょう。
中学生や高校生の場合は親の同行はできませんが、添乗員が同行するプランがあるため、心配な方はそちらを利用することもできます。

子どもの将来の選択肢を増やすためにも一度利用してみてはいかがでしょうか。