日本とアメリカ学校の違い~部活~

日本からアメリカに留学などをすると勉学の違いに加え、部活動の違いについても知ることができるでしょう。日本の学校で部活動というと自分の技術を磨いたり、他の人との協調性を育てるために行うもので、部活動に力を入れているところも多くあります。

一方、アメリカの学校のクラブ活動は季節によって所属できるクラブが変わるため、シーズンごとに異なる活動をしていることが多いです。春は野球、冬はバスケットボールのように多くのスポーツを体験することができます。さらに日本では部活動では単位をもらえることはありませんが、アメリカの学校ではクラブ活動が保健体育の単位として認められる場合もあり、単位を取るために所属する人もいます。

日本とアメリカの学校で部活に関してこのような違いがあることに加え、サポートに関しても違いがあります。日本では部活動でけがをしたらまずは保健室に行き、けがの状態によって病院などで行くことが多いでしょう。しかしアメリカの場合、体のケアをするトレーナーが在籍していることが多く、体の不調に対して、専門家が学校で対応をすることが多くなっており、安全意識が高いと言えるでしょう。

トップに戻る

[insert page=’1121′ display=’page_pr.php’]

アメリカでは入部のためにトライアウトをすることも

日本よりも自由度の高いクラブ活動を経験できるアメリカですが、一方でクラブに入部するためにはトライアウトと呼ばれる入部試験を受けて合格しなければ入部することができない運動部もあります。花形スポーツであるアメリカンフットボール、野球、バスケットボールなどは通常、トライアウトがあり、参加を希望しても参加できない場合があります。ただ、1軍、2軍などに分かれており2軍なら誰でも参加できる場合もあります。

実力を重視している分、日本のような先輩・後輩の関係はありません。
例え入部したばかりの生徒でも、実力があればすぐに1軍として活躍することができますし、逆に年上であってもレギュラーから外れてしまうことはよく見られるのです。
また、クラブ活動に熱中しすぎて勉強が疎かになってしまうと、退部にさせられてしまうなど厳しい制約もあります。

トップに戻る

アメリカのボーディングスクールは文武両道が基本

アメリカにたくさんあるボーディングスクール、いわゆる寮制高校は優秀な高校が非常に多いですが、勉強だけをすればいいという考えを持っている高校はほとんどありません。運動部、特にチームスポーツへの参加を最低1シーズンはするようにと指示をする高校もあります。

高校は非常にたくさんありますので、アメリカ高校留学をご検討の方は、学校情報について色々と調べてみましょう。

トップに戻る