留学中にカナダで車を運転する場合

留学先のカナダで、留学中に自動車の運転をする場合には、新たに運転免許が必要となります。
カナダで自動車の運転をする場合には、国際運転免許証、もしくはドライバーズライセンスのどちらかが必要になります。

 

国際運転免許証は、発行日から有効期限が1年間となり、日本での国内運転免許証を持っている方が取得対象になります。
ですが、通常の国内免許証の有効期限が1年未満の場合は、国際免許証の発行をすることが出来ないので注意が必要です。

 

これが留学などの長期滞在ではなく、旅行などの短期での滞在の場合には、カナダへの入国が6か月未満の場合のみ、日本の国内運転免許証で運転することができます。
ですが、レンタカーなどを借りて運転する場合には、翻訳証明書などが必要になる場合もあるので、国際免許証と、日本の運転免許証を常に持ち歩くようにしておくと便利です。

 

ドライバーズライセンスは、旅行以外のワーキングホリデーや、長期の留学などで滞在する場合に切り替え、もしくは取得する必要があります。

これらの期間は州によって違いがあるので、必ず滞在する州に確認してからの取得が良いでしょう。

ドライバーズライセンスは、日本の免許を持っていることで、実技や学科の試験の必要がなく、クラス5の免許に切り替えることが出来ます。
免許証期間は、発行日から2年間で日本の免許は切り替えと同時に取り上げられてしまうので注意が必要です。

マルタは海が綺麗

国際運転免許証の取得は日本の運転免許試験場、免許センター、県警本部にある運転免許課ですぐに発行することができます。

 

申請に必要な物は、日本の運転免許証、パスポート、証明写真です。

備え付けの申請書に必要事項を記入して、提出すると発行されます。
またドライバーズライセンスへの切り替えには、日本の運転免許証、運転免許証の翻訳証明書(日本の運転免許証を英語に翻訳した物)、身分証明書(パスポート、カナダの査証かビザ)が必要です。

これらを最寄りのICBC運転免許センターに持っていき、申請後に免許証の控えが発行されます。
その後、2週間程度で免許証が郵送されてきます。