まず、アメリカと日本の歯ブラシを比較してみると、その大きさからかなり違います。

歯を磨くヘッド部分はアメリカの場合、通情サイズでも長さが約2.5~3cm程度あり、
日本のおよそ1.5~2倍に相当する大きさを持っています。

そして毛の柔らかさを重視する日本よりも硬めのものが多く、分類としてソフト・ハード・ベリーハードがあります。

また、最近日本でも取り入れられている歯ブラシは多いですが、歯の形状に合わせた毛の向きがあり、まっすぐなものや少し斜めになっているもの、そして一際長く飛び出ている毛の部分など、一つの歯ブラシで3つ毛の向きが異なるものもあります。

色んな歯の形に対応できるため、磨き残しも少なくなりますが、今までヘッドが小さいものを使っていた日本人からすると、アメリカの歯ブラシは少し使いにくいかもしれません。

アメリカと日本では歯磨き粉も違う?

アメリカは歯の白さを大切にしていることから、日本とは違い歯磨き粉に歯を漂白するための成分が入っているなど、
白さにこだわった歯磨き粉が多いです。

刺激が強いものも多いので、アメリカで歯磨き粉を買う場合は低刺激なものを買うようにすると良いでしょう。

また、アメリカには自然素材を使ったオーガニック商品を取り扱っているお店もあるので、そちらの歯磨き粉を使うと刺激も少なく日本のものに近い歯磨き粉を使用できると言えます。

留学時は日本から買って持っていった方がベター

留学時は歯ブラシや歯磨き粉は現地で買えばいいと考えていると、歯ブラシや歯磨き粉の違いに戸惑う場合があります。

そのため、出来れば歯ブラシや歯磨き粉は磨き慣れているものを日本から持っていくと良いでしょう。

また、アメリカではなかなか日本製の歯ブラシ・歯磨き粉などは売られていないのでストックとしていくつか持っていくべきです。