皆さんは「Uber(ウーバー)」というものをご存知でしょうか?
これは最近アメリカを中心に海外で注目されていて、現在日本でも東京では利用することができる新しい移動手段です。

Uberを簡単に言うとスマホアプリを使って手軽にタクシーを呼ぶことができるもので、事前にアプリでクレジットカードなどの情報を登録しておけば自動決済で済んでしまうので、その時お金の支払いをすることもなく、最悪お金を持っていなくても乗車することができます。

アメリカではチップの文化もありますが、Uberでは必要ないので安心です。
タクシーに似ている部分もありますが、タクシーよりも割安で利用できたり、車種はかなり豪華でキレイなものが利用されていたりと、お得なのに少しセレブな気分を体感できます。

タクシーとの違いは?

具体的なタクシーとの違いを挙げていくと、まずタクシーは利用する時に道中で手を上げてタクシーを止める必要がありますが、時間帯や場所によってはなかなか捕まらないという時があります。

アメリカでもイエローキャブなどは多く走っているにも関わらず、手を上げても止まってくれないことが多いです。
しかし、Uberはアプリ登録し乗車場所を指定すればその場所までドライバーが迎えに来てくれるのです。

また、タクシーだと行き先や支払いを英語で行わなくてはいけなかったり、言葉が通じずドライバーとトラブルになってしまったりと、様々な問題が起きる可能性がありますが、Uberだと乗車する時に軽く挨拶を済ませてしまえば支払いも行き先も既にアプリで行われているため会話しなくても済みます。

観光や留学中でまだ英語に不慣れで心配だという時でも安心です。

さらに、Uber利用後はドライバーを評価し、ドライバーを選択する時に星の低いドライバーは選択されないことが多くなってしまうので、評価を高めようとサービスや接客を丁寧に行うことを心掛けている方が多くみられます。
そういった点から、タクシーよりも質の良いサービスが受けられる可能性が高いと言えるでしょう。

留学先の新しい移動手段として、Uberをぜひ利用してみてください。