留学中の節約術

ホームステイや賃貸は値段交渉を

留学先でホームステイまたは賃貸で生活すると、かなりの出費になります。
カナダ留学の場合、シェアハウスでも一軒家となると月500~600ドル程度が相場です。
ジムやプールなどが併設されているコンドミニアムマンションの場合は、800ドル以上の賃貸価格になるでしょう。
日本では割引交渉は失礼にあたる行為ですが、カナダ留学の場合は日常茶飯事です。
5~10%の割引は許容範囲なので、契約前に値段交渉をして節約してみましょう。
ホームステイは値段交渉がしにくい上、賃貸よりも少し割高になるので注意してください。

毎日の食費や日用品にも節約術を

どんなに節約を心掛けていても、食事は毎日欠かせないものです。
留学先で自炊をする場合は、おかずやご飯を多めに作り、冷凍保存するようにしましょう。
毎日の食事は食費だけでなく調理をするために光熱費や水道代が発生します。
火を使って調理をする場合は、一度にたくさんの量を作っておけば毎日の光熱費を節約できます。
フライパンや鍋などを洗う手間や水道代も削減できるので、自炊生活では食べたい時に解凍して食べられる冷凍保存方法をおすすめします。
留学先でパンが主食の場合は、常温に置いておくとカビが生えやすくなるので、小分けにして冷凍しておくと長期保存が可能です。

カットモデルで美容代を節約

イギリスやアメリカなどではヘアカットモデルの広告が新聞に掲載されます。
留学生活で意外と見落としがちなのがヘアカットなどの美容代です。
電話で予約がとれれば一流美容師にカラーやカットをオーダーすることができるでしょう。
最初のカットは研修生が行いますが、最後はプロの先生が仕上げをしてくれるので安心です。
カットモデルは自分の好きな髪型や色まで自由に決められるので、美容代を節約したい方はぜひ試してみてください。
このように留学生活に一工夫加えるだけで、現地での生活費を節約することができます。
留学先でのマナーを守りながら節約術で賢く暮らしていきましょう。

トップに戻る