就活の際に帰国子女が注意しなければいけないこと

留学生・帰国子女の就職活動での注意点

長期的な海外経験のある帰国子女が日本で就職する場合、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?
留学生や帰国子女が就職活動で注意したいポイントは次の2点です。

・英語力だけでは通用しない
今は英語力がどの業界でも必要なので、英語が話せる留学生や帰国子女は少し有利です。
しかし、ただ英語力があれば仕事ができるわけではないため、就職活動で英語力の高さだけをアピールしても内定につながるとは限りません。
具体的な夢や考えを伝え、それに英語をどう活かすのかを明確にすることが大切です。

・グループディスカッションは分をわきまえること
欧米では積極的にグループディスカッションへ参加すると評価される傾向があります。
そのため、留学生活でグループディスカッションの経験を積み、意見をしっかり主張できるようになった人は多いでしょう。
しかし、中には相手を理解しようとせず自分の意見だけを言うのが主張することだと勘違いし、分をわきまえない行動が目立つ帰国子女もいます。
自分の主張だけではなく、相手の意見をしっかり聞く姿勢が見られないと協調性に欠けると思われてしまうので気を付けてください。

留学生・帰国子女が就職活動でアピールする点は?

採用選考では必ず面接があります。
面接マナーは日本のマナーに則ることが大事ですが、他にアピールすべき内容にも注意が必要です。
海外の経験は人とは違った個性なので、その努力や経験を伝えることが就職活動では重要と言えます。

・環境の適応力をアピール
海外に移住すると生活環境が変わるので、それに適応する力が自然と身に付きます。
就職も今までの環境とはがらっと変わりますから、どんな現場でも適応できる柔軟性をアピールするとよいでしょう。

・チャレンジ精神や積極性をアピール
留学を通じて新しい世界に飛び込むチャレンジ精神や積極性は、社会でも求められる姿勢です。
海外に暮らしでどんなことにチャレンジし、どんな成果を得たか具体的に伝えてみてください。

・物事を様々な視点から観察できる力をアピール
海外では日本の常識が通用せず、色々な文化や常識に触れることになります。
そうなるとひとつの視点ではなく、様々な視点から物事を見ることができるようになります。
多角的な視点は業務における課題解決などに役立つので、留学時の体験談と共に自分の観点や観察力をしっかりアピールし、就職につなげましょう。

トップに戻る