オーストラリアの交通事情は日本とどう違う?!

留学先となるオーストラリアの公共交通機関は?

オーストラリアでは、バス・電車・フェリー・モノレールなどの様々な公共交通機関が利用されています。
留学する都市により異なるものの、一般的にはバスが便利でしょう。
留学時に活用する可能性が高い公共交通機関について、それぞれの特徴をご紹介します。

・バス
シドニー市内、パース、アデレードには、場所や時間帯によっては無料バスが走っています。
オーストラリアに留学している間、交通機関の中でもバスを利用することは多くなるでしょう。
日本との違いは、原則としてバスの車内アナウンスがないことと、多くのバス停に名前がないことです。

・タクシー
オーストラリアのタクシーは比較的安全です。
流しのタクシーは、シドニー以外だとなかなかつかまらないので、タクシースタンドを利用しましょう。
日本と違い、ドアは自動開閉しません。
また、1人で乗る場合は助手席に乗ります。

・電車
5分程度の電車の遅れは当たり前となっています。
留学中に通学の交通手段として電車を利用できる都市は、シドニー・メルボルン・ブリスベン・パース・アデレードです。

・フェリー
留学先がシドニー・ブリスベン、一部メルボルン・パースの場合、通学の交通手段としてフェリーが便利な場合もあります。
通学にフェリーを選べば、留学中は毎日フェリーに乗ってハーバーブリッジやオペラハウスを眺めながら学校に通えます。

車を運転する場合の注意点

オーストラリアの車は、日本と同じ左側通行です。
ハンドルも日本と同じで右にあります。
比較的運転での問題は少ないと言えるでしょう。
ただし、オーストラリアでは日本人にとって戸惑いを感じやすいものが2つあります。
それは、ランナバウト交差点とスピードバンプです。

・ランナバウト交差点
ランナバウトは円形の交差点で、信号がない丸い交差点に車が侵入します。
ルールを理解しておかないと、どのように走るべきか分からないでしょう。
ランナバウト交差点に入る車は、まず一旦停止してから左に入ります。
右から来る車を優先するため、右から車が来ないかを確認してランナバウト交差点に入ってください。

・スピードバンプ
スピードバンプは乗り越える際に衝撃がある段差で、スピードを出しすぎないように道路に設けられています。
乗り越える前にはブレーキをかけて、十分に速度を落としましょう。

オーストラリア留学中に車やバス、公共交通機関を利用する際には、オーストラリアならではの交通事情を理解して、上手に活用しましょう。

トップに戻る