留学先でアートを学ぶ?!

留学先でアートを学ぶことはできるのか?

留学先では様々なアートが学べます。
実技・理論の分野では、デッサンや絵画、彫刻、写真、版画などによる表現を学べるのです。
歴史の分野では、現代まで美術がどのように展開してきたかを知り、分析や批評をして学んでいきます。
その他、留学先ではグラフィックデザイン、関連施設・団体の運営方法、アート療法の分野なども学べるでしょう。

どんなアートが学べるの?

留学先で学べる内容は国によって様々です。
そのため、自分の目的に合った国を選びましょう。
アメリカは、第一線で活躍中のアーティストが講師であるケースも多く、グラフィックデザイン、Webデザイン、インテリアデザインなどの最先端のアートに触れられます。
イタリアは、ルネサンスに代表される西洋美術が完成した地であり、トップクラスの講師陣が多く存在します。
工芸やインテリア、ガラス、テキスタイルなどの様々な学科が揃っています。
皮製品の専門学科や、絵画修復の専門学科などもあり、1日体験コースも充実しています。
イギリスでは、ファッション系から人物デッサン、彫刻などを基礎から学べます。
留学中は、無料で入れる美術館や博物館を利用し様々なアートに気軽に触れられる環境となっています。
西洋美術の本場で学びたいなら、フランスへの留学がおすすめです。
ロマネスク美術、ゴシック建築、ロマン主義・写実主義など、様々なアートが生まれた国で学んでみましょう。
リゾートへのアート留学を考えている場合はニュージーランドをおすすめします。
特に、ネルソンはアーティストが集まるエリアとして有名です。
現代アートに触れたいなら、中国留学という選択肢もあります。
グローバル化が進む中国では、海外からの文化を取り込んだ現代アートへの注目が高まっています。
古代中国からの伝統芸術にも触れられます。

人気の留学先は?

アート留学では、語学の力も伸ばしたいと考える人が多い傾向があります。
そのため、英語圏へのアート留学が人気です。
アート留学で特に人気なのはアメリカやフランスで、次いで英語訛りの少ないカナダが選ばれています。
カナダは比較的治安も良く、教育水準も高いため初めての人にも人気があります。
3位のイギリスには、質の高い教育を求めて世界中から人が集まっています。

トップに戻る