アメリカ留学でマリンスポーツを楽しむ

海の世界を覗けるダイビング

アメリカにはクリアウォータービーチやカアナパリビーチなど美しいビーチがたくさんあり、マリンスポーツを楽しむ留学生が大勢います。
どのようなマリンスポーツがアメリカでは人気なのでしょうか?

まずご紹介するのは、ダイビングです。
海の中にはゆったりとした別世界が広がり、魚やウミガメなどの生き物と泳ぐことができます。
中央アメリカのベリーズバリアリーフにあるブルーホールは、海の中に沈んだ鍾乳洞があり、現実離れした神秘的な空間を間近で見られます。
ダイビングは本来ライセンスがないと潜ることはできませんが、ダイバーと一緒の体験ダイビングなら留学生もライセンスなしで潜れます。
留学中に名所でたくさん潜りたいのであれば、ライセンスの取得を目指してみると良いでしょう。

留学生にもスタンドアップパドル(SUP)

スタンドアップパドルとは、大き目のサーフボードの上に立ち、パドルを使って海を移動するマリンスポーツです。
発祥はハワイで、アメリカ西海岸でも流行り、現在は日本を含む世界各地で人気が広まっており、留学生の間でも注目される人気のマリンスポーツです。
水上の上を移動しながら海の景観を眺めることができ、ボードの上に座ればカヤックの感覚でクルージングできます。
他にも、ボードの上でヨガやフィッシングなどを楽しむ方も多いです。
バランスが求められるマリンスポーツなので、まずはインストラクターの指導を受けて波の低い海やプールで練習してみましょう。

ジェットスキー

海の上を颯爽と走るジェットスキーはアメリカでも盛んに楽しまれているマリンスポーツです。
日本では運転するために特殊小型船舶の免許がないと運転ができませんが、ハワイや南カリフォルニアなどでは免許がなくても運転でき、免許を取るより料金もリーズナブルです。
免許を持っていない留学生も気軽に体験できるので、ジェットスキーを楽しみたいならアメリカがおすすめです。

ご紹介したマリンスポーツはごく一部で、他にもアメリカではシュノーケリングやフライボード、カヤックなど様々なマリンスポーツを留学中に体験できます。

トップに戻る