グローバル化が進むにつれて、日本でも語学留学される大人の方が増えてきました。
ほとんどの方が英語を話せるようになりたいと希望を持って留学を決意されてるはずです。

これは大変素晴らしいことなのですが、実は留学された方全員が成功しているわけではありません。
1年留学してもなかなか話せるようになれない方もいれば、3ヶ月で流暢に話せるようになる方もいます。

これは、「才能」とか「もともと話せるからでしょ」と思う方もいるかもしれませんがこれは全く関係ありません。短期間でも留学を成功されてる方はあることを意識して取り組むことによって英語力を伸ばしています。

ビジョンを明確に持つこと

留学だけでなく何かを取り組む時は必ずビジョンを持つことが必要になります。
明確なビジョンを持たないとモチベーションも保てないし、効率が悪くなってしまいます。

例えば英語でプレゼンテーションができるようになるビジョンをしっかり持てばやるべきことが明確になるので授業と時は、ただ授業を受けるのではなくプレゼンテーションに使える文法を先生に聞いたりプレゼンテーションの際に緊張感に慣れるために他の生徒の前で挙手などをして工夫して授業に取り組むことができます。

また授業以外も海外であらゆる専門分野に関してプロが英語でプレゼンする番組TEDを参考に動画で見たり、本番のプレゼンをシミュレーションして一人で練習することによって改善点や良かった点を発見し活かすことができます。

ビジョンは持てたけど、どう行動したらいいか分からない方はノートにそのビジョンに向けてしなければいけないことを書き起こすとやるべきことが明確になります。後はそれを行動に移すのみです。

余計なプライドを持たない

私達は英語をできるようになるために留学をするのですからできなくて当たり前です。
できるようになる為にたくさん発言して失敗したり、先生に分からないところをきくことによって英語ができるようになります。

しかし、失敗するのを気にして全く発言しなかったり、恥ずかしくて質問ができないとせっかく英語が上達する機会を逃してしまいます。

まずは、自分自身をしっかり受け入れることが重要です。「なんの為に留学にきたのか」「自分の英語力はどれくらいなのか」などの今の自分をしっかり理解ができれば余計なプライドを持たずにやるべきことに対して効率良く取り組むことができます。

また、外国人の友達を作ることに関しても同じことが言えます。仲良くなるには完璧な英語が必要だと勘違いしてしまい外国人と話すことに避けがちな方もいますが、完璧な英語は必要ありません。意思疎通ができる最低限の英語力コミュニケーションスキルがあれば仲良くなることができます。

完璧な英語力にこだわることも大事ですが外国人の友達を作りたいのであれば、まずは話しかけましょう。片言でもしっかり表現しようと向こうも真剣に聴いてくれます。

その場限りの為だけのプライドは将来大きな後悔となって返ってきますので変なプライドは持たず謙虚な気持ちで留学しましょう。


毎日を大切にする

私達の時間には限りがあります。留学するなら尚更、毎日の時間を大切にしなければなりません。留学を成功する人はとにかく毎日をどう過ごすか意識して生活しています。

ある方は毎日、学校以外は積極的に外国のコミュニティに混ざり国際交流を深めたり、ある方は毎日、朝早起きして授業に備えて予習をするなどして毎日の過ごし方に工夫を入れています。

一方、留学を失敗する方は学校が終わっても外に出ずYouTubeをずっと見てたり、授業が終わっても一切復習をしません。

せっかく海外で留学を通して貴重な経験が積めるチャンスが沢山あるのにアクションを起こさなければ日本にいるのと一緒です。結果、留学を終えた時、後悔だけが残ってしまいます。

後悔をしないためにも、毎日を充実できるように一分一秒を大切にしましょう。

 

後悔のない、あなただけの価値ある留学をしよう

「留学してみたい気持ちはあるけど、情報もないしどんな留学をしたいのか分からない」、「ビジョンはあるけど、どの留学プランが自分に合うんだろう….」

そんな時は一度、当センターにお問合せください。無料カウンセリングを通して、いろんなお話をお伺いしながらあなたのビジョンが実現するための幅広いプログラムから厳選した留学プランを提案させていただきます。

ディーサイド留学情報センタ-は本気で留学を成功させたい方を全力で応援しますので興味がある方は、ご連絡お待ちしております。

無料カウンセリングはこちらから↓

https://www.d-sidejp.com/form_counseling.htm