日本のアニメ文化は海外にも浸透している?

日本のアニメは国内だけでなく、海外にも浸透していて、とても人気があります。
日本の作品が海外で人気になった理由は、大人でも楽しめるストーリー展開と、ジャンルの幅広さ、そして作品そのもののクオリティが高いことで注目されています。

海外の場合12歳以下の子ども向けに作られているものが多く、絵も内容も簡単に理解できるものが主流です。
しかし、日本の作品は子ども向けの作品から大人向けまで幅広く、複雑なストーリー展開になっているものも多いことが浸透した理由のひとつと言えるでしょうでしょう。

留学先の国によって好まれる作品の傾向にも違いがあり、アメリカではアメコミなどが定着していることから正義が悪を裁くようなストーリーが受け入れられやすく、ヨーロッパなどでは日本の伝統的な忍者をモチーフにした作品も人気が高い傾向にあります。

そのため国によって好まれる作品の傾向は違いますが、日本の作品が注目されていることは確実です。

また、日本のアニメ海外進出状況はアメリカがトップであり、次いで韓国、台湾の順となります。

留学先の国の特徴から、好まれる作品の傾向を学んでいくと会話のきっかけにもなるでしょう。

実は日本のアニメは大人気!留学するなら日本のアニメ事情も知っておこう

留学先で人気のアニメ作品

アニメ作品の中でも、特に多くのファンがいるのはどのような作品でしょうか?
海外で日本の作品が浸透したきっかけになったと言われているのはジブリ作品です。

作品中に出てくる料理や食べ方の表現方法、空や風、海などの画風、サウンドの美しさなどが評価され、広く注目を集めました。

 

・鋼の錬金術師

19世紀産業革命期のヨーロッパを舞台に、架空の世界を作り上げたファンタジー漫画である「鋼の錬金術師‐Fullmetal Alchemist‐」は若者から高い人気を誇っているため、留学先でできた友人とコミュニケーションを取りやすいでしょう。

特にこのアニメはヨーロッパ圏でとても人気なので是非、鋼の錬金術師を話題にして話しかけてみてはいかがでしょうか。

 

・るろうに剣心

るろうに剣心は日本の明治時代を舞台にした剣客アニメです。海外では侍文化が非常に人気でアメリカやイギリスでは幅広い世代から注目を集めています。

ネットフリックスで英語版でリリースされているくらい人気なので留学した際は外国人の方と一緒に観賞されてみてはいかがでしょうか。

私はオーストラリア留学した当初はあまり英語が話せませんでしたがこのアニメを話題で多くのオーストラリアの友人や韓国の友人を作ることができました。

 

・ワンパンマン

主人公の見た目は完全にギャグですがその見た目から想像がつかないような強さでワンパンチで敵を倒してしまいます。

海外では強いヒーローアニメはとても人気ですがワンパンマンはすぐに世界へ知りわたり、多くの外国人の方はワンパンマンを読んでるそうです。

留学中、ハロウィンでワンパンマンのコスプレした方はとても人気者でした(笑)

留学中、ハロウィンの時期にはワンパンマンのコスプレで人気者になれるかもしれません。

 

・ジョジョの奇妙な冒険

ジョジョの奇妙な冒険はヨーロッパと北米をメインにとても人気があります。ジョジョはシリーズごとに主人公と舞台が異なりイタリアやアメリカなども舞台になっていることから海外の方からも親近感があるそうです。

私が留学中にヨーロッパ人の友人ができたきっかけはジョジョの話題だったので是非、留学前に見ていただきたいです!

まとめ

他にも世界的に有名なドラゴンボールやワンピース、ナルトもあるので知っておくのもオススメです。

国によって人気のある作品の傾向が異なるため、留学先では何が人気なのか聞いてみるのも良いでしょう。

留学先で日本の現在のカルチャーを紹介するのにアニメは手頃な話題となるため、留学先で現地の人たちとコミュニケーションをとる会話のきっかけとしても活躍します。

留学先の人たちに日本の文化を知ってもらうためにも役立つでしょう。

まとめ

後悔のない、あなただけの価値ある留学をしよう

「留学してみたい気持ちはあるけど、情報もないしどんな留学をしたいのか分からない」、「ビジョンはあるけど、どの留学プランが自分に合うんだろう….」

そんな時は一度、当センターにお問合せください無料カウンセリングを通して、色々なお話をお伺いしながらあなたのビジョンが実現するための幅広いプログラムから厳選した留学プランを提案させていただきます。

ディーサイド留学情報センタ-は本気で留学を成功させたい方を全力で応援しますので興味がある方は、ご連絡お待ちしております。

 

トップに戻る