IT留学とは?

IT留学とは、プログラミング知識の取得を目的とした留学であり英語でプログラミングの知識や技術を学びます。

プログラミングは日本でも学べます。

しかし、国際的なスキルや海外との連携が多い大きな企業で働きたいのであれば、IT留学がおすすめです。

IT留学は、海外で生活や仕事ができるようになるレベルまで語学を身に付けられると同時に、国際的なプログラミング知識・技術を習得できます。

特にIT技術が発達している国であれば、国内では取得者が少ないスキルまで学べます。

貴重なスキルを持つ人材は企業から重宝され、就職が有利になる利点を得られるでしょう。

英語でプログラミング学ぶって難しい?

ただでさえ専門的なプログラミングだけでも大変なのにを英語で学ぶことって可能なの?と疑問に思われる方もいますが、英語力が低い方には初めからIT留学はハードルが高いかもしれません。

IT留学では座学から実践的な授業がありIT用語がたくさん英語で出てきます。

プログラミング経験者であれば、多少英語力が低くても大丈夫ですが、プログラミング初心者で英語力も低い方だと理解ができないどころか先生とのコミュニケーションも難しいので、渡航前にしっかり英語力を身につけてくるか、事前に一般英語コースを受験するのもオススメです。

どの国でIT留学することができるの?

ITは専門学校や大学などであれば、アメリカや、カナダ、オーストラリアなどいろんな国で学ぶことは可能ですが、

求められる英語力がTOIEC850点レベルや学費も年間200~300万円かかるので社会人や大学生の方にとって正直言って現実的ではありません。

しかし、3~6カ月の短期間でIT留学を学べる国があります。それがフィリピンのセブ島です。

セブ島と言えば短期間で集中的に英語力を上げるセブ留学で有名ですが近年ではセブ島のIT留学が有名でセブ島でIT留学を提供している語学学校が年々、増えてきました。

セブ島でのIT留学であれば、他の英語圏の語学留学よりも費用も安く短期間で英語力やプログラミング力を習得できるのでオススメです。

IT留学の1日のスケジュール

IT留学では基本的にプログラミング、英語、デザイン、ビジネスの4教科を学びます。

【1日のスケジュール例】

8:00‐10:00:英語レッスン

10:30‐12:30:プログラミング講座

13:30‐15:30:ビジネス講座orデザイン講座

15:30‐16:30:セルフスタディ

授業の時間帯は以上になります。

はやりセブ留学だけに朝から晩まで勉強漬けですね…

最初は、このスケジュールに慣れるのは大変かもしれませんが多くの留学生は1週間で慣れてきています。

IT留学はキャリアに活かせる?

IT留学はキャリアに活かすことが可能です。

今後、グローバル化やI to Tが必須な時代でITスキルや技術、英語力の需要は増々上がっていきます。

実際IT留学でHTML、CSS、PHP、Javaなどを学ぶことで、自分でメディアを立ち上げビジネスをされた方や、外資大手企業へ就職された方もいますのでIT留学は語学留学よりも専門的なITスキルを英語で学ぶので高い成長が見込めます。

またIT系の仕事が本業でなくても1つのスキルとしてITのスキルがあれば必ずあたなのキャリアに役立つので本気でキャリアアップしたい方は是非、セブでIT留学をオススメします。

まとめ

IT留学の疑問や魅力をご紹介しましたが、IT留学をしたからといって必ずキャリアアップやエンジニアになれる訳ではありません。

留学はあくまで環境なので、その環境であなたがどう行動するかで結果が大きく変わってきます。

成功の鍵は明確なゴールや課題の取り組みなど、しっかり準備や具体的なプランを持つことです。

ジブン流学で未来に繋がる体験を

ディーサイド留学情報センターは、留学生が将来に繋がる留学をできるようにコーチング型の留学サポートを提供します

自己管理が苦手な方や不安な方でもカウンセラーと一緒にゴールへ目指すことで安心して留学に取り組むことができます。

周りと差をつけたい、留学で最大限のパフォーマンスを発揮したい方は留学で就活やキャリアに活かしたい方に有利なサポートが

豊富ですので周りと差をつけたい、留学で最大限のパフォーマンスを発揮したい方はLINE@無料カウンセリングにてお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

トップに戻る