メリット①語学の吸収力が早い

高校留学では中学を卒業後海外の高校に入学させる留学となっているため、吸収力のある若いうちに様々な知識を取り込めるようになるというメリットがあります。

今多くの社会人が必要としている英語も、留学性の多い環境に行けば英語が主体となり、自然と英語が身に付いていくでしょう。

メリット②教育レベルが高い

海外の教育は日本と比べてレベルが高くなっています。
勉強意欲の向上と、さらには異国の地にて1人で行動しなければいけない高校留学の環境が、自身をさらに強くしてくれます。

行動力と積極性が身に付き、日本と海外という進路の選択肢が広がることもメリットとして挙げられています。

文化に触れながら高レベルの学問を学べる環境に考え方も変わり、豊かな学力と感性を磨いていけるメリットが高校留学にはあるのです。

メリット③広がる進路の選択

海外の高校を卒業後すると幅広い進路を持つことができます海外の大学への進学や日本の難関私立大学などに帰国子女枠で入学することができるので他の同じ年の高校生よりもレベルが高いステージで大学生活を送ることができます。

今までは日本の大学へ戻られる方がほとんどでしたが最近では海外の大学にそのまま進学される方も増えてきました。

海外の大学は学費が高いと思われがちですが学費も大学によってピンからキリまであり、また高校で高い成績を納めていれば奨学金がでますので学費も抑えることが可能です。

更に大学卒業後は学歴と高い英語力、インターン経験があるので就職活動時には大手企業や外資系企業などのキャリアを目指すことが可能です。

デメリット①お金のトラブル

高校留学にはメリットが多いですが、実はデメリットが全くないわけではありません。

高校生は経験の少なさからトラブルを解決する策を思いつきにくいです。

特にお金の問題となると学業に専念しなければならないことから、親に頼らざるを得ません。

日本では治安の良さから普段あまり気にかけることはありませんが、海外ではスリや置き引きが日本よりもには要注意しましょう。

海外で高校生がクレジットカードを紛失したり、お金を盗まれてしまうと手続きが大変なのでこちらも注意しましょう。

デメリット②カルチャーショック

海外では文化が違うことから食や習慣が合わなかったというケースも見られます。

まだまだ親の力を必要とする分、カルチャーショックを受けると孤独感を感じたりして日本が恋しくてホームシックになる学生が多いです。

メリットを感じられない環境になってしまってはたくさんの費用を出して行うせっかくの高校留学がもったいないものになってしまいます。

出国前にはトラブルを回避できるようあらかじめ問題を解決するための策を練っておき、万が一頼りが必要となる場合のために連絡手段を持つことが大切です。

まとめ

高校留学は、子供の時に親元を離れ異国の地で多国籍の生徒と英語で交流することで英語力や人間性を大きく成長することができます。

しかし、しっかりしたサポートや情報を把握してないと途中でリタイアしてしまったり、卒業ができないケースも起こりえるので注意しましょう。

成功の鍵は明確なゴールや課題の取り組みなど、しっかり準備や具体的なプランを持つことです。

ジブン流学で未来に繋がる体験を

ディーサイド留学情報センターは、留学生が将来に繋がる留学をできるようにコーチング型の留学サポートを提供します

自己管理が苦手な方や不安な方でもカウンセラーと一緒にゴールへ目指すことで安心して留学に取り組むことができます。

周りと差をつけたい、留学で最大限のパフォーマンスを発揮したい方は留学で就活やキャリアに活かしたい方に有利なサポートが

豊富ですので周りと差をつけたい、留学で最大限のパフォーマンスを発揮したい方はLINE@無料カウンセリングにてお気軽にご連絡ください。

トップに戻る