はじめに

英語学習の方法として「フィリピン留学」を検討されている方はたくさんいらっしゃると思います。

ですが、「フィリピン留学って実際どうなの?」って思ったときに「オーストラリアやカナダに行く人は多いけどフィリピン留学に行った人はあまり周りでいないから実態がわからないなぁ」という方もたくさんいらっしゃると思います。

そこで今回はフィリピン留学を実際に経験されたSさん(20代男性)にフィリピン留学へ行った感想、留学を振り返ってみてのキツかったことやそれをどうやって乗り越えたかについてお話を聞いたので、フィリピン留学に行く方は是非参考にしてみてください!

フィリピン留学とは?

 ▶︎フィリピン留学が人気な理由

フィリピン留学はアメリカやカナダ、オーストラリアと比べ、「語学学校の授業料と宿泊、食費がパックになっている」「フィリピン自体の物価が低い」などの理由から英語圏留学と比べ留学費用を安く抑えられるのが特徴です。
また、フィリピン留学では「マンツーマンレッスン」「1日8時間のスパルタ授業」などの理由により短期的かつ集中的に英語学習に取り組むので、近年人気の留学先とされています。

 ▶︎フィリピンの基本情報

フィリピンは、東南アジアに位置し、7107の島々で構成される多島海国家で、熱帯気候に恵まれた多様な生態系と絶景のビーチを有し、スペインとアメリカの影響を色濃く反映した独特の文化を持ち、公用語として英語とタガログ語が使われており、教育水準が高いことでも知られ、その手頃な生活費と親しみやすい国民性で、観光客だけでなく留学生にも人気の目的地となっています。

 ▶︎フィリピンの気候

フィリピンは熱帯海洋性気候に属しており、年間を通じて高温多湿で、6月から11月にかけての雨季、12月から5月までの乾季があり、乾季には温度も少し低くなります。ただしセブ島には雨季がない、バギオは一年間を通して比較的涼しいなど、地域差が激しいのも特徴です

 

フィリピン留学キツイ?実際の体験談を聞いてみた

ネットの情報だけでは情報の正誤は測れません。なので、今回は実際にフィリピン留学(バギオとセブ島)に6か月間留学されていたSさんに実際にインタビューしてみました!

➤留学でキツかったことは?


 

ジブン流学
ジブン流学
本日はインタビューにご対応いただきありがとうございます。早速ですが、フィリピン留学でキツかったことについてお聞きしてもいいですか?
本日はよろしくお願いします。
せっかくお金を払って留学に行っているんだから、フィリピン留学のつらい部分も知って、現地で心が折れないようにするのも大切だと思います。
フィリピン留学で特につらかった点としては「学習量の多さ(スパルタな環境)」「生活に慣れるまでの時間」です。
僕はこの2つのおかげで一時帰国も考えました(笑)
Sさん
Sさん
ジブン流学
ジブン流学
一時帰国を考えるほどですか….
実際にどのようにキツかったのか、「学習量の多さ(スパルタな環境)」についてお聞きしてもいいですか?
はい。
僕はフィリピンの語学学校の「スパルタコース」に入学したのですが、その学校のスパルタコースでは1日朝9時から夜の8時まで授業、それ以降は自習で11時頃就寝という感じの生活を6か月も送ってました。
Sさん
Sさん
ジブン流学
ジブン流学
1日12時間以上も勉強していたんですか!?
はい(笑)
最初は絶対に英語マスターして就活で無双してやるぞ!って意気込んでたんですけど、1日の授業はずっと少人数で、英語しか話せないので、英語が話せずに自分が言いたいことが言えないもどかしさや、ずっと聞き取りや発言のために脳をフル回転させているから、夜は疲れ果ててましたね…
Sさん
Sさん
ジブン流学
ジブン流学
それは心身ともに疲れますね…
それでは次に「生活に慣れるまでの時間」についてお聞きしてもよろしいですか?
はい、これには一つ目の「勉強量の多さ」っていうところにもつながりがあって、いきなり海外にきて、スパルタな授業が始まって、週末までは娯楽はお預け、最初は友人もいないので、これは個人差があるかもしれませんが、私は今までの生活とのギャップが大きすぎて心が折れそうになりましたね…
Sさん
Sさん
ジブン流学
ジブン流学
今までの生活とのギャップですか…
僕も今フィリピン留学に行ったら帰りたいと思っちゃうかもしれないです(笑)

 

➤なぜフィリピン留学キツイ経験に耐えることができたんですか?


 

ジブン流学
ジブン流学
Sさんがフィリピン留学を経験されて、こういうおつらい経験もされたと思うんですけど、なぜ6か月もこの生活に耐えることができたんだと思いますか?
当初の目標と実際の成長を感じれたのが大きいと思います。
僕がこのフィリピン留学に行ったのも、「就活で有利に戦うため」というのもあったんですが、「英語をあきらめたくない」という気持ちが強かったんです。
英語を勉強するために英単語帳や洋画、オンラインレッスンなどいろんなことに挑戦したんですけど、結局諦めてしまって、何も身につかなかったんです。
そこでフィリピン留学は短期間で英語が急成長するっていうことを聞いて、勢いでフィリピンに留学することになりました(笑)
Sさん
Sさん
ジブン流学
ジブン流学
そうなんですね!勢いも大事ですよね!
「実際の成長を感じた」というのはどういうことなんですか?
はい、フィリピン留学は先ほども言ったように、少人数またはマンツーマンで授業が開かれて、次の日は喉が枯れるほど英語を話します。
なので、アウトプットの量が凄まじく、恐ろしいほど早く英語の成長を実感できます。
授業の中や週末のアクティビティなどで成長を実感することができるので、勉強するのにハマっていく感覚になりました。
Sさん
Sさん
ジブン流学
ジブン流学
短期間で成長が実感できるのはフィリピン留学の魅力の一つですよね。
Sさんは実際に英語力、どれぐらい伸ばすことができたんですか?
フィリピンに行く前の英語力はTOEICで言うと300点ぐらいだったと思います。それからフィリピン留学から帰国して再度TOEICを受けた時には900点弱まで点数が伸びていました。
特にリスニングはほぼほぼ満点が取れていたのに驚きましたね。
Sさん
Sさん
ジブン流学
ジブン流学
リスニング満点…
それはSさんの努力の賜物ですね!
それでは最後にフィリピン留学を考えている方に何か一言お願いします!
はい、入る学校、コースで個人差は出ますが、皆さんが、僕が体験したようなキツイ経験や帰りたいという気持ちに一度はなると思います。ですが、それと同時に成長の実感、勉強の楽しさなど、明るい面のほうが大きいと思います。英語を本気で身に着けたいと思っている方は、人生一度きりなので、挑戦してみてください!
Sさん
Sさん
ジブン流学
ジブン流学
本日はインタビューにご参加いただき、ありがとうございました!

 

「フィリピン留学はキツイ!?」まとめ

今回はフィリピン留学のキツさや、その乗り越え方についてSさんにインタビュー形式でご協力いただきました。
今回のまとめとしては、

  • フィリピン留学は勉強量が多く、体力的にもメンタル的にもキツイ面がある(語学学校やコースによって個人差あり)
  • スパルタな生活や娯楽が週末までお預けな環境が、現在の生活とのギャップが激しくてつらい
  • キツい面があっても英語力の成長を実感できることや、生活に慣れることで勉強がどんどん楽しくなってくる

ということでした!フィリピン留学は完全的に強制的に勉強しないといけない環境ではないので、Sさんの「就活で有利に戦うため」「英語をあきらめたくない」というような目的意識、目標の設定がしっかり立っていたのがSさんが英語力を手に入れることができた大きな要因だと思います。

もし「フィリピン留学で失敗したくない」「フィリピン留学にもっと興味が出た」という方は過去の記事も参考にしてみてくださいね↓↓

フィリピン留学はなぜおすすめしない?失敗しないためのポイントを解説
フィリピン留学おすすめ都市3選!〜それぞれの特徴も紹介〜
留学行くならフィリピンへ!欧米諸国と比較して魅力を解説

 

留学先に迷ったらフィリピン留学を検討してみよう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

フィリピン留学は幅広い方に向けてオススメの留学先になります。

留学先をどこにしたら良いかわからないと迷っている方は、ぜひフィリピンへの留学を検討してみてはいかがでしょうか?

 

当センターでは、フィリピン留学をはじめ様々な国やスタイルの留学を提供しています。

あなたの希望や目的を丁寧にヒアリングし、最適なプランをご提案!

「まだ何も決めてないけど、とりあえず話だけでも聞いてみたい」という方でも大丈夫です。

無料カウンセリングを実施しているので、ぜひお気軽にご連絡ください。

無料カウンセリングへ

ジブン流学