留学にかかる費用って具体的にどんなものがある?

留学費用の計算方法

費用の計算方法は、留学の目的や種類によって異なります。
おおまかな目安としては、語学留学の場合で1ヶ月40万円、3ヶ月で100万円程度となり、物価や為替の動きによっても前後します。
また、学校が公立か私立かの違いや、留学先となる地域などでも変わります。
これだけあれば安心と思える金額は年間300万円~500万円程度となるでしょう。
この金額を覚えておき、少しでも貯金しておくことをおすすめします。

費用の内訳

留学費用を漠然とした金額でしか計算できないのは不安だと感じるなら、内訳から必要になる金額を計算してみましょう。
どの場合でも、基本的な費用として、次のような項目は必要になります。

・入学料・授業料・テキスト代
・家賃・食費(学生寮やホームステイは少なくなる場合が多い)
・交通費・航空券
・書籍代(大学や大学院では高い傾向)
・保険代(大学から指定される場合もあり)
・ビザ発給料金(各国大使館の規定あり)・パスポート取得費用
・プログラム手配料(留学エージェントによって異なる)
・交際費(飲み会やイベント、旅行など)

また、学校によってコースごとに授業料が異なります。
授業時間も学校の基準が一定ではないため、詳しく調べてから比較してみましょう。
語学学校の場合は、1ヶ月10~15万円程度の費用がかかります。
滞在費ですが学生寮などなら10~15万円程度を目安にして、交通費も1万円程度用意しておきます。
書籍代は3万円を基準に考えてみましょう。

国によって違う留学費用の相場とは?

学ぶ国や期間によっても相場が異なります。

【アメリカ】
アメリカでは、日本で習う英語であることやこの国の英語への親しみがあるため、学びたい国に最も選ばれています。
物価が高く、滞在する地域によっての金額が異なり、予想以上の出費になる可能性もあるでしょう。
・3ヶ月…80~120万円
・6ヶ月…110~190万円
・1年……230~410万円

【カナダ】
世界的に教育レベルの高いカナダは、授業や教師のレベルも高いのが特徴です。
大学のある州によって金額が異なり、留学生は他の学生に比べて学費が高くなります。
しかし、奨学金や免除プログラムを得る方法もあります。
・3ヶ月…60~110万円
・6ヶ月…100~140万円
・1年……170~300万円

【オーストラリア】
物価の高いオーストラリアでは、学費や生活費などにかかる金額が大きくなりがちですが、国が留学生の環境を保障する規律があり、安心して学べる環境作りがされています。
・3ヶ月…60~110万円
・6ヶ月…130~180万円
・1年……180~380万円

トップに戻る