オーストラリアは世界でも有名なカフェ大国。独自のカフェ文化があり、日本や世界中でよく見かけるあの有名なスターバックスコーヒーはほとんど見かけません。ですが街にはたくさんのカフェがあり、コーヒー(カフェ)はオーストラリア人の生活に欠かせないものと言っても過言ではありません。
 
そんなオーストラリアでバリスタの知識と経験を積まれてみてはいかがでしょう?

 

 

〇バリスタって何?

バリスタ(Barista)とは、イタリア語で「バール(bar)でサービスをする人(~ista)」という意味で、バールに欠かせないエスプレッソを、豊富な経験と豊かな技術でその味を守り続けるのがバリスタです。
 
単にコーヒーを淹れる・作る人というのではなく、お客様へのホスピタリティにも行き届いたサービスが出来る接客のプロ=バリスタとされています。

 

 

〇バリスタの資格とは?

バリスタという資格というより、バリスタのコースを受講し証明書(Certificate)を取得することを意味します。オーストラリアや日本でカフェやレストランなどで働く場合、このバリスタのCertificateを持っていることは、履歴書に書ける資格であり技術ですので、職探しのアドバンテージになることも多々あります。

 

 

〇バリスタコースで何を学ぶ?

バリスタコースもたくさんあり、それぞれのコースで期間や内容、受講料は異なります。ですが基本的な内容として、コーヒー作りやエスプレッソマシングラインダーの使い方、コーヒーの歴史や豆の種類についてなど、コーヒーに関する基礎知識を学びます。そして実際にコーヒーを淹れる練習やスチームミルクの作り方など実践面も学びます。コーヒーの種類が異なるごとに淹れ方やスチームミルクの作り方も異なるため、いろいろ対応出来るような知識と経験をしっかり身につけます。
 
コースによっては上記に加え、履歴書(レジュメ)の書き方やオーストラリアでの接客英語など、仕事に就くための総合スキルを学べるものもありますし、ラテアートなども学ぶことが出来ます。

 

いずれもほとんどのバリスタコースは英語での授業となります。ですが英語力に自信がなくても大丈夫。まずは英語コースである程度のコミュニケーションが取れる程度まで英語力を上げ、その後にバリスタコースの受講がお勧めです。

 

 

〇お勧めのバリスタコース

シドニー SELC  http://selc.net/jp/au/courses/customer/

 
SELCのバリスタコースでは、毎日のコーヒー作りはもちろんのこと、歴史や豆の種類など、コーヒーに関する基礎知識を学び、履歴書の書き方や接客英語など、オーストラリアで英語の仕事に就くための総合スキルを学びます。課外授業では実際にカフェに行き、バリスタから焙煎の方法やエスプレッソマシーンについて詳しく学びます。
 
更にグループに分かれて学校周辺のカフェを巡り、コーヒーの味やミルクのフォーム、サービスなどについて研究し、毎週金曜日にはシティの有名校:シドニー・コーヒースクールへ出向き、ラテアートなどを学ぶという内容盛りだくさんの4週間完結コースです。
 
また授業の休憩時間に運営する「SELC Café」では、キャッシャー、バリスタ、ウェイトスタッフなど日替わりで役割分担し、自分たちでコーヒーを在校生にサービスします。30分で100杯以上もサービスすることもあります。終了後、反省点をクラスメート同士で意見交換したりと団結力も日々強くなります。SELCには色々な国籍の学生が在籍しているので、オーダーを取る際に各国々の発音の違いやクセも体験できて、オーストラリアで働く際にとても役立ちます。

 

他、メルボルン、ブリスベンなど短期で学べるコースもたくさんあります。

 

 

〇最後に・・・

オーストラリアで働く経験がしたい!カフェに興味がある!バイトしながら地元の友達を作りたい!など、カフェを通して英語のブラッシュアップはもちろん、オーストラリアの文化を知る良いチャンスでもあるかもしれません。
 
最短4週間でCertificateが取れるコースです。
ご興味ある方は是非、お問い合わせ下さい。

グラフィックス2