賢く留学費用を抑えるコツとは?

留学中の滞在費用をできるだけ安く抑えるコツ

留学中はその国で生活をしていかなくてはならないわけですから、当然滞在費用もかかってきます。
しかし、滞在費用は工夫すれば安く抑えることも十分可能です。
例えばニューヨークに留学した場合、家賃相場は約2000ドル~4000ドル(日本円:約22万円~44万円)となります。
一方、近年人気のフィリピンへ留学した場合、家賃相場は約1万ペソ~2万ペソ(日本円:約2万1000円~約4万2000円)です。
このように、国によって家賃だけでも10倍近く違っていることが分かります。
また、家賃が高い国は物価も総じて高めになりやすく、光熱費などの固定費や食費などのコストが増える傾向があります。
なるべく安く抑えたい方は、滞在する目的に応じ、物価にも注意した国選びをおすすめします。

航空券の購入タイミングにも気を付ける

費用を安く抑えるコツとして、航空券を購入するタイミングにも気を付けてみましょう。
航空券はシーズンごとに価格が異なっています。
例えば、ゴールデンウィークや夏休み、お盆休み、冬休みなど、長期休暇のタイミングで購入してしまうと高く付いてしまいます。
しかし、4月や10月・11月などシーズンオフの時期を狙って航空券を購入すれば、高値のシーズンより数万円も安く抑えられる場合があるのです。
特に、海外旅行に人気の国へ留学しようと検討されている方は、航空券の購入タイミングに注意して費用を抑えるようにしましょう。

通信費を抑えるには?

日本は通信環境が比較的整っており、国内では通信に不自由することも少なく、また料金体系の選択肢も多くて節約につなげることも可能です。
しかし、海外では通信環境が整っていなかったり節約が難しかったりするケースも多く見られます。
日本で使っていたスマートフォンをそのまま海外で使ってしまうと、海外から日本にサーバを経由しなくてはならないため、月末にとんでもない額を請求されてしまう可能性があります。
通信費をなるべく安く抑えたい方は、留学前に格安SIMやプリペイドSIMに切り替えたり、現地でSIMフリーのスマートフォンを手に入れたりするようにしましょう。

トップに戻る